最高裁・不貞相手に対する離婚慰謝料は不可

不貞相手に対しては、「不貞」慰謝料は請求できます。しかし、「離婚」慰謝料は請求不可との判決です(最高裁平成31年2月19日判決)。
本件では消滅時効が大きなウエイトを占めていました。不貞慰謝料の場合は、不貞行為を知った時から3年で消滅時効が完成します。離婚慰謝料の場合は、離婚成立時から3年で消滅時効が完成します。
本件では、不貞慰謝料についてはすでに消滅時効が完成していたため、離婚慰謝料と法律構成して請求し消滅時効の問題を克服しようしました。しかし、最高裁は、そのようなことは許されないとしたのです。

離婚後の子育てガイダンスに参加しました

「日本ファミリービジテーションセンター」主催の子育てガイダンスを受けました。講師は東京国際大学の小田切先生です。小田切先生は、離婚後のオンライン親教育プログラムを作成された方です。
このプログラムは、離婚をした人や離婚を考えている家族などを対象に、離婚が子どもと親に与える影響と父親と母親が協力して子育てをしていくための方法やコツをわかりやすく学ぶものです。
もし離婚したら、とか、離婚して子どもの様子が心配だ、という不安を抱えていらっしゃる方は必見です。離婚による子どもへの影響、その対応の方法について、子どもさんの年齢、性格から詳細に紹介されています。子どもさんのちょっとした表情や態度、実は離婚による影響かもしれません。