婚姻費用(債務がある場合)

婚姻費用の額を定めるにあたり、義務者から債務を考慮してほしい旨の主張がなされることがあります。しかし、原則的には債務は考慮されません。ただ、その債務が夫婦の共同生活に関して発生したものである場合には、考慮されることが多いといえます。先日成立した婚姻費用分担の調停においても、調停委員から伝えられた裁判官(調停官)の考えは、概ねそのようなものでした。