子の監護者指定・引き渡しの審判

別居中の夫婦間で、子供の監護権者を指定したり、子供の引き渡しを求める調停や審判が行われることがあります。

調停では、時間がかかるだけで(現状を追認する状態が継続してしまう)、しかも最近はまとまらないケースが多い気がするので、非監護親としては、やはり調停ではなく審判を申立てるのがよいと思います。

ただ、裁判所は、まずは調停で話し合いなさいと調停に付することがあります。それに反対しても職権で調停に付されてしまうこともあるのですが、その場合でも、折り合える余地がないのであれば、早めに不成立にして、審判に移行してもらったほうがよいと思います。

Related Posts